太陽と青空

赤ちゃんも格安航空券を買わないといけないの?

飛行機ももはや子供の頃から乗ることも珍しくありません。昔だと、子供の頃なんて飛行機に乗ったことない方が当たり前でもありました。今だと子どもでも海外旅行経験者は多くなってきています。
そんな飛行機ですが、赤ちゃんが乗る場合の料金などはどうなるのかご存じですか。赤ちゃんでも格安航空券を買わないといけないのでしょうか。

赤ちゃんは1人までならば

まず、基本的に赤ちゃんでも飛行機に乗ることは可能です。
ただし、生後8日未満は、登場できないこととなっています。
大手のANAやJALでもこの条件ですが、格安航空会社でもこの条件のところが多いです。
生後間もない赤ちゃんは、乗れないと覚えておきましょう。
そして、生後8日から2歳もしくは3歳までは、1人であれば親御さんの膝の上に乗せることをすれば、赤ちゃんの分の格安航空券の購入は必要ありません。
上限が2歳から3歳と変わることがあるので、よく確認しておきましょう。
ただし、赤ちゃんが2人以上で親が1人ならば膝の上に2人は乗せられないので1人分の航空チケットが必要となるのです。
格安航空会社だと、子供割引はありませんので、赤ちゃんと言えども大人料金となるのです。

ベビーカーやおむつが気になる

おむつを履いた赤ん坊
あと、空港までベビーカーに赤ちゃんをのせてやって来たなんて人もいるでしょう。ベビーカーも親にとってはとても便利で、旅行先でも使うこともあります。
このベビーカーは、手荷物で機内に持ち込みはできません。
機内も格安航空会社の場合には狭いですし、収納棚も狭いです。
必ず荷物カウンターで受託荷物として預けなければなりません。
その場合にも大きさによっては、追加料金となるので、気をつけてください。
あと赤ちゃんが乗るときには、おしめ交換も気になります。トイレなどにはおしめ交換の台が用意されている格安航空会社と用意されていないところがあります。
必ずあるわけではないことも注意しておきましょう。
もしも気になるのであれば、格安航空会社の利用は控えた方がいいかもしれません。

チャイルドシートは機内へ持ちこまめル

あと、時にはチャイルドシートを持ち込んで、それを座席にセットしたいと思う人もいるかもしれません。
座席に取り付けられるのであれば、ほぼ持ち込みしてオーケーです。ただし、取り付けられないときには荷物カウンターで預けないといけません。
格安航空券で乗る飛行機で、赤ちゃんにまつわることを取り上げてみました。
最後に気になる点があれば予約前に問い合わせをして、解決してから予約するようにしましょう。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 良いことだけじゃない?格安航空券の安さゆえのデメリット All Rights Reserved.