太陽と青空

格安航空券でのメリット、デメリットをおさらいしよう

今では格安航空券も、誰もが知っています。まだ利用したことがない人でも、その名前ぐらいは知っています。とはいえ、そのメリットやデメリットを知ることで利用する意欲も湧いてくるかもしれません。
まずは、知識として知ることから始めてみてはどうでしょうか。
それにうってつけなのが、メリットやデメリットなのです。

メリットといえば真っ先にこれ!

やっぱり一番のメリットといえば、その料金の安さでしょう。
どれだけ安いかと言えば航路によってかわりますが、10,000円から20,000円も変わったりします。
時には10,000円以下で乗れる航路もあります。
さらに格安航空券でも、早割が別に用意されており、それを利用すればますます安くなります。
その早割も大手のANAやJALよりも細かく設定されてされていて、出発日の1週間以内でも1日前、3日前、5日前と用意されています。
さらに75日前というようにより長い割引もあるのでお得です。
具体的な日数は航空会社によって異なってくるので、利用を考えてる航空会社を「スターフライヤー予約」「ソラシドエア予約」といった単語でインターネット検索してみましょう。
あとは、航空チケットも片道ごとでも安く購入できるのもメリットです。
大手だと片道ずつでは割高となります。
格安航空会社だと片道ずつ買えて、より自分の都合に合わせたスケジュールにしやすくなるのです。
また、出発の時間も深夜や早朝便も用意されており、それに乗れば現地にも早くついて、現地での行動時間を増やせるメリットもあります。

デメリットなんかあるのか

重量オーバーの表示
このように安く利用できる一方、デメリットとしては安くなったために、サービスがほとんど削られてしまったことです。
例えば荷物も少しでも規定を越えれば、追加料金となってしまいます。
あと乗り心地についても、座席間が狭くなっており、成人男性なときついなんて声も多いです。
あとは大手のANAやJALと比べると、出発が遅れやすいです。
前の便が遅れたら、あとはドミノ倒し的に遅れてしまうなんてこともよくある話です。
また、座席の指定も大手のANAやJALのように自由にはできません。追加料金を支払わなければ、自動でランダムで割り振られてしまいます。友達や家族や恋人で隣り合って座るのにも追加料金が必要となります。

このようにサービスを受けるためには、追加料金ばかりとなるのがデメリットです。

上手に付き合っていこう

格安航空券にはメリットもでメリットもありますが、予算をあと少し用意したり時間をうまく使えば、満足することも可能です。
実際に利用してみて、リピーターになったと言う人も大勢います。あなたなりの上手な使い方を見つけていきましょう。

新着情報

◆2017/10/05
格安航空券でのメリット、デメリットをおさらいしようの情報を更新しました。
◆2017/09/27
長期の休みに格安航空券を有効に使いたいの情報を更新しました。
◆2017/09/27
格安航空券でマイルを貯めたい!の情報を更新しました。
◆2017/09/27
格安の飛行機は遅れて当たり前?の情報を更新しました。
◆2017/09/27
受付の場所はすぐにわかるのかの情報を更新しました。
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 良いことだけじゃない?格安航空券の安さゆえのデメリット All Rights Reserved.