太陽と青空

長期の休みに格安航空券を有効に使いたい

夏休みやお盆休み、年末年始の休み、ゴールデンウィーク、春休みなど実は長期となる休みはたくさんあります。そんな休みだからこそ、旅行いきたいなんて思うのも当たり前の心理です。
そんなときこそ、格安航空券を利用してみたいと思いませんか。
ここでは、長期の休みと格安航空券について見ていきましょう。

実は高くなることがある?

格安航空会社と聞くと、やはり大手のANAやJALよりも安いと思っていませんか。
確かに半額近くも下がることも珍しくありません。
さらにキャンペーンだと破格の安さなんてこともあります。
ところで、夏休みなどの長期の休みで繁忙期となると、実は大手のANAやJALは運賃が高くなったりします。
早めに買わずに正規料金だと割高にもなりやすいです。
実は格安航空会社でも、長期の休みで繁忙期となると、運賃があがることもあります。それでも利用者はとれるので、上げているのです。
長期の休みのときには、必ず早割で買うようにしましょう。
そうしないとせっかくのメリットである安さが薄れてしまい、損をしてしまいます。

お昼や午後の便にする

長期の休みのときに気を付けることとして、時間帯があります。
実は朝と昼間や午後を比べると、朝の便の方が高くなりやすいのです。
これは格安航空会社でも当てはまります。
すべての便とはいいませんが、格安航空会社の場合には比較的にキャンペーン等で当日でも運賃をコントロールするので、朝と昼間や午後でも、コントロールしようと思えばできるはずです。
ですので、安くしたいときにはお昼や午後の便にしてみましょう。

タイミングをずらす

丸の付いたカレンダー
あと、長期の休みで安くするコツとしては、タイミングをずらすことです。
その方法としてひとつには、週末の土曜日や日曜日の移動ではなく、平日に移動することです。
週末の方が運賃も上がりやすいので、平日の便にする方がいいのです。
あとは、長期の休みで飛行機に乗る時期をずらすことです。
休み初日や二日目がやはり移動する人も多く、最後の日やその前が帰る人が多いです。
そこで、行く日も三日目以降にする、帰る日も前日より前にするなどするのも安くするためには効果的でしょう。

追加料金に気を付ける

最後に長期の休みで安くするためには、追加料金に気を付けることです。
この時期だと、長期の旅行にもなりやすく荷物も増えがちです。さらにお土産物も増えてしまいがちです。
そうなると、追加料金もかかりやすくなります。気を付けましょう。
長期の休みでも、ひと工夫で格安航空券にできるので、ぜひ試してみてください。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 良いことだけじゃない?格安航空券の安さゆえのデメリット All Rights Reserved.